こんなケースの人は借り換えを検討しましょう

こんな人は借り換えを検討しよう!

借り換えは住宅ローンのメンテナンスです。
メンテナンスは定期的に行っていかなければなりません。
次のケースの人は、今の時期に借り換えを検討してみましょう。


◆高い固定金利を組んでいる

最近はネット銀行ならではの強みを生かして、長期固定金利も非常に低い商品があります。
現在利用している金利よりも、さらに低い長期の固定金利の商品がないかチェックしてみましょう。


◆変動金利タイプを利用している

超低金利時代が長く続き、低金利が当たり前のように思うかもしれませんが、
これ以上金利が下がることは考えにくいでしょう。
変動タイプの低金利も魅力ですが、今後は金利の上昇が予想できます。
この低金利の時に、長期固定金利への切り替えも検討してみましょう。


◆近々、段階金利が適用される

11年目以降に金利が上がる(段階金利)タイプの住宅ローンを組んでいる場合には、
毎月の返済額がグンと上がり、家計を圧迫する可能性も出てきます。
段階金利が適用される前に、他の住宅ローンへの借り換えを考えてみましょう。


◆ゆとり返済・ステップ返済を利用している

ゆとり返済やステップ返済とは、ローン借入の最初の5年間を非常に少ない金額で返済でき、
6年目以降に返済額が増加していくタイプの住宅ローンです。

通常よりも毎月の返済額が少なく(5年間だけですが)、
収入が低くても割と容易にローンが組めたため、多くの人が利用しました。
しかし、借入金の総額は変わりませんから
6年目以降から家計を圧迫される人が出てきて、自己破産なども問題になりましたね。

現在においてはこのタイプを継続している人も少ないでしょうが、
もし引き続き利用している人は、ぜひ借り換えを検討してください。

 

>> 【最新版】人気住宅ローン借換一覧はこちら