住宅ローン減税は引き続き受けられるのか?

住宅ローン減税は引き続き受けられるのか?

借り換えの際に気になるのが、
『住宅ローン減税を引き続き受けられるかどうか』 ということではないでしょうか?

 

住宅ローン減税とは、正式には『住宅借入金等特別控除』と言い、住宅ローン控除とも言いますね。
マイホーム購入が大きな負担にならないよう、
借入金の額に応じた一定の金額(上限あり)が税額控除される仕組みです。

最大控除額は居住した年によって変わりますが、
これを受けられると非常に家計の負担が減るのは既にお分かりでしょう。

 

しかしこの住宅ローン減税が、借り換えによって
適用されなくなってしまうケースがありますので注意してください。


◆住宅ローン減税の再適用

借り換え後も適用を受けたい場合には、住宅ローン減税の再適用を受けなくてはなりません
その為には、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

 

  ・新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
  ・新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど、
   住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。


◆償還期間の10年とは?

住宅ローン減税を受けるには、10年以上のローンを組んでいなければなりません。
借り換えの場合は、この起算日は『借り換え日』で考えます。
つまり、新しく借り換えた日から10年のローンを組んでいれば
住宅ローン減税適用の条件に当てはまります。

 

しかし・・・

 

『金利の低い銀行で借り換え』 ⇒ 『頑張って月々の返済額を増やす』

                    ⇒ 『その結果、10年未満のローンになった』

 

こういった場合、10年未満のローンになると適用対象外になります。
もし住宅ローン減税を受けたい場合には、十分に気をつけましょう。

 

>> 【最新版】人気住宅ローン借換一覧はこちら