借り換え選びのポイントとは?

借り換え選びのポイントとは?

各金融機関から実に多くの商品が出ているので、どれを選んでいいのか
迷ってしまいますよね。
しかし『借り換え=住宅ローンのメンテナンス』とも言われていますから
メリットを享受できなければ意味がありません。
しっかりとポイントをチェックして、比較・検討するようにしましょう。

◆金利
金利はやはり低い方がいいですよね。

最近では、店舗を持たない強みを生かして
ネット銀行などが非常に低金利で設定しています。

金利が1%違うだけで、支払い総額に大きな差が出ますので、必ずチェックしましょう。


◆金利タイプを選ぶ

金利タイプには『変動金利』と『固定金利』があります。

 

変動金利は、まさに金利が変動するタイプです。
固定金利に比べ金利が低く設定されているのがポイントで、
金利の動向に敏感に反応できる人にお薦めです。

しかし、デメリットは景気の影響を受けやすいこと。
金利が上昇傾向にある時期には止めた方が良いでしょう。

 

固定金利は、一定期間金利が固定されているタイプです。
期間は、2年、5年、10年、35年など各金融機関によって色々選べます。
景気に左右されることなく安定した生活が送れる、生活設計がしやすいのがメリットでしょう。
しかし、変動金利よりも高めに金利が設定されているので、低金利の時代には損をすることもあります。


◆保証料や手数料の有無、金額を確認する

借り換えを行う際にも、ローンの他に諸費用がかかります。(⇒借り換えの諸経費はこちら
これが意外とかかるので必ずチェックしましょう。

例えば、みずほ銀行の場合。

 借入金:1000万円  期間 :25年
 保証料:17万〜26万円程度
 事務手数料:3万程度

上記の場合、保証料だけで20万〜30万かかります。
これを繰上げ返済に回したら、一体どれだけ得をするでしょうか。
そう考えると何だか勿体ないですよね。

最近では、この保証料が0円という金融機関も出てきました。
新生銀行などがそうですね。
ぜひこういった面もチェックしてみましょう。


◆繰上げ返済の手数料や利便性をチェック

住宅ローンをお得に返済していくには、繰上げ返済を行うことも検討したいところです。
繰上げ返済の手数料や利便性など、重要なポイントになってきますので確認しておきましょう。


◆保険などプラスαもしっかり見ておこう

各金融機関で様々な特典サービスがあります。
例えば、住信SBIネット銀行では
団信や8疾病保障の保険料を銀行が負担してくれます。
こういったサービスの有無や内容も抑えておきたいですね。

 

>> 【最新版】人気住宅ローン借換一覧はこちら