借り換えのQ&A集〜よくある質問をまとめました

住宅ローン借り換えのQ&A集

住宅ローンの借り換えについてよくある質問をまとめました。

 

Q:最近よく耳にするフラット35とは?

A:フラット35とは、住宅金融支援機構(以前の公庫)と民間の金融機関との
コラボで始まった住宅ローンです。
全期間固定金利で、完済まで金利が変わらないのが特徴です。
また、保証料ナシ、繰上げ返済の手数料も無料という点も魅力ですね。
金利の上昇に左右されずライフプランも立てやすいので、完済まで安定して返済したい人にお薦めです。
ただし、フラット35とあってもどれも同じではありませんので注意してください。
各金融機関で手数料や金利など異なるので、必ず比較・検討するようにしましょう。

 

Q:転職したため、その会社での勤続年数が短いのですが。

A:金融機関の審査において、一般的には勤続年数3年以上が基準となっています。
しかしあくまでも一応の目安であって、3年未満でも借り換えができるケースももちろんあります。
例えば、業績の良い会社への転職や上場企業への転職など
安定した支払いができると判断されるような場合、審査に通る可能性があります。
反対に、設立間もない会社への転職などであれば難しいと言えるでしょう。

 

Q:ミックス金利が人気と聞いたのですが、それは何ですか?

A:ミックス金利とは、複数の金利タイプを組み合わせた住宅ローンの事を言います。
例えば、3,000万円を借り入れる場合に 『2,000万円を長期固定 : 1,000万を変動』
と言ったような組み合わせをすることができます。
また『固定3年+固定7年』や『短期固定+変動』なども出来ます。
こうすることによって、金利の上下にそれほど左右されなくなるので
安定性を求める人にとって非常に人気があります。

 

Q:繰上げ返済は出来る限りした方が良いのでしょうか?

A:繰上げ返済分は、元金に当てられるため
『元金+その分の利息』も減らすことができ、非常にメリットが高いと言われています。
返済出来るなら、利息率の高いローン当初にする方が効果が高いでしょう。

しかし繰上げ返済を行ってしまうと、そのお金はもう戻ってはきません。
収入が減ったり急な出費が必要になった時に、支払えなくなると困りますよね。
ですから、手元にある程度預貯金を残しておくことはとても大切です。
手元に預貯金があり、それでも余裕がある場合には、
早い段階で繰上げ返済を行った方が良いでしょう。

 

>> 【最新版】人気住宅ローン借換一覧はこちら